子どもが野菜を食べたらほめてみる

野菜嫌い克服で大切なのは、沢山褒めてあげることです。

 

子供は、褒められることがとても好きなものです。

 

「野菜を食べられないから叱る」ということが習慣になっているようなら、野菜を食べることができたから褒めてあげるという方向にシフトチェンジをしてみるとよい結果になるかもしれません。

 

実際、野菜を食べることが出できないのは、仕方がないことです。

 

子供もわがままなのではなく、食べられるものなら食べたいという気持ちでいると思います。

 

それなのに野菜を食べないからといって、頭ごなしに叱ってしまうと更に野菜への苦手意識が高まってしまうでしょう。

 

そこで、野菜を食べたらその都度、それもオーバーなぐらいに褒めてあげることをお奨めします。

 

「一つ食べれたら褒める」そうすることで、野菜を食べると褒められるんだという意識に変わりますよね。

 

子供は、親にほめてもらって成長する部分がかなり大きいということはよくご存知だと思います。

 

褒めすぎて害になるということはありませんから、食べることができたらどんどん褒めてあげるとよいと思います。

 

野菜は様々な努力次第で食べることが可能な食材だと思います。

 

調理にも工夫して、細かく刻んだり、見た目を変えたり、甘くアレンジをして野菜を出してみることもよいでしょう。

 

しかし、工夫して食べて貰った後は、野菜を食べることができて偉いね、と褒めてあげることはとても大切だと思います。

 

褒めてあげれば、また野菜を食べようという気持ちになるのでよい循環が生まれることと思います。子供の青汁で今年の人気ベスト3はこれ!