ショッピング枠を換金する場合のリスクや業者選びなどについて

クレジットカード現金化とは、ショッピング枠を換金する行為のことです。

ただし、多くのカード会社が禁止している行為であり、発覚次第カード利用停止になるという流れができています。

利用者が個人でショッピング枠を使って商品を購入すると、利用履歴が全て残ります。

カード会社で利用履歴を確認した際に、1つあれば足りる商品を連続で購入するなど不自然な購入があれば、知らない間にカード利用停止になることも少なくありません。

カード利用停止になると、ショッピング枠を使って本当に必要な買い物もできなくなります。

現金化業者に依頼すればそのようなリスクを低くすることができますが、中には悪徳業者も存在するので念入りに情報収集をしたうえで業者を選ぶことが大切です。

業者を選ぶためには、還元率を相場と照らし合わせることがポイントです。

還元率が高いことは魅力的ですが、例えば還元率が98%の場合は業者の利益が少なくなるので実現することは非常に難しいです。

高い還元率を謳っている業者の場合は、入金までに決済手数料や配送料や振込手数料などを請求されて最終的な還元率が60%程度になることもあります。

業者に依頼した場合の還元率は、一般的には80%前後になります。

最終的な還元率が80%前後で、即日で現金を振り込まれる業者を選ぶのが良いです。

また、業者のホームページのデザインや記載内容も、業者を選ぶうえで重要になります。

ビジネスとしてクレジットカード現金化を行っている業者はホームページ制作会社に依頼して作っている場合も少なくないです。

したがって、そのような現金化業者のホームページはデザインが見やすくて、会社情報に実在する所在地など必要な情報がきちんと記載されています。

参考サイトはこちらから⇒ビックギフト 評判